筆者は、FPの資格は自称「シルバーコレクター」として2級までしか取得していません。

日商簿記も2級までですが、どの資格も1級は3~2級とくらべて劇的に難易度が高い印象です。

また、FP1級学科試験の受験資格として

  • FP2級技能検定合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
  • FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者

このようにFP1級試験は簿記1級と違って実務経験が必要になります。

私は受験を考えましたが、実務経験がないため断念しました。

今回は、仕事としてFP業務をしているあなたにファイナンシャルプランナー(FP)1級取得をおすすめする理由などをお話ししたいと思います。

なお、私が取得したFP3級と2級については以下の記事に詳しく書いています。

なお、FPの試験は

  • 一般社団法人金融財政事情研究会(金財)
  • 特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(協会)

の2機関で行っています。

ファイナンシャル・プランニング技能士1級(金財)の学科試験は、CFP(協会)と同レベルの試験です。

若干の違いもありますが、1級の勉強をしてればCFPも取得できると言えます。
逆もまた然り。

今回は、受験者の多い「金財」でお話を進めたいと思います。

 

無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 FP講座

FP1級|簿記とダブルライセンスで国家資格試験

FPは、簿記・宅建・社労士と相性が良いです。

  • 【簿記】税金分野があること
  • 【宅建】不動産分野があること
  • 【社労士】保険・年金分野があること

私は、宅建・FP2級・日商簿記2級までしか取得していないですが、私個人的に難易度を比較してみました。

日商簿記・FP(金財)・宅建・社労士難易度比較
FP3級<日商簿記3級<<<<FP2級<日商簿記2級<宅建<<<<<<FP1級<<<<日商簿記1級<<<<<<<<<<<<社労士

※あくまで私の個人的なイメージです

このように、社労士だけ別格ですが…

なので、難易度的にFP1級とダブルライセンスを考えるなら【日商簿記1級】が一番おすすめと私は考えます。

【FP】は主に暗記、【簿記】は主に計算なので、人ぞれぞれ得意不得意でFPと簿記の難易度が逆転する場合もあるかと思います。

FP1級と難易度が近い日商簿記1級資格については以下の記事を参照ください。

 

FP1級の試験も年に3回!(2019年度から)

3の数字の画像

FPの1級は、3~2級と違い「学科」と「実技」試験が別の日にあります。

2018年度までは、1級のみ学科も実技も年に2回の試験だったのが、2019年度から年に3回に増えました。

  • 「学科」1月・5月・9月の年3回
    午前:基礎編
    午後:応用編
  • 「実技」2月・6月・10月の年3回

年に3回になったことで、1年間を通して比較的長期スパンで余裕をもって対策可能になりました。

 

FP1級の勉強時間・期間は?

時計の画像

FPの一般的な学習時間
3級=50~150時間(1~3ヵ月)
2級=150~400時間(3~9ヵ月)
1級=600~1000時間(1~2年)

学習時間は、簿記とほぼ同じくらいと考えてよいと思います。
私自身は、FPの3級と2級は一発合格とはいきませんでしたが、勉強時間は比較的一般的な時間で取得出来ました。

しかし、1級はそう簡単にはいきません。

日商簿記1級より難易度が低いと言われてますが、FP1級が簡単ということではありません。

試験の詳細などについては以下の記事でも書いています。
FPまとめ記事 準備中…

無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 FP講座

FP1級の学科試験合格率は10%前後

10%の文字
金財においての1級の合格率は、ここ最近は学科は10%前後・実技(資産相談業務)は85前後となっています。
学科と実技でかなり開きがあるのが気になりますが…

詳しい金財の合格率に関しては金財「試験結果」を参照ください。

実技の合格率が高い理由として、試験が面接なので普段FP業務を行っている者にとっては難易度は高くないと言えます。

ですので、ハードルは学科です。

科目 基礎編(午前) 応用編(午後)
学科 四答択一式 50問 記述式による筆記試験 5題

特に、午後の応用編は答えを選択肢から選ぶものではないのでヒントがなくヤマカンも通用しないため難易度は高いです。

金財の過去試験問題に関しては金財「試験問題」を参照ください。

CFP試験受けてFP1級学科免除の裏技

裏技」というと大げさに聞こえますが…

どうしても金財のFP1級の学科試験に通らない人は、FP協会のCFPを取得して金財のFP1級の学科試験免除という方法があります。

CFPとして学科免除で実技試験に合格で、CFPとFP1級のダブルライセンスとなります!

世界的に見るとFP1級よりCFPの方が認知度が高く評価されています。

まとめ

まとめ(猫の画像)
いかがでしたでしょうか。

今回は、簿記資格や宅建資格と相性が良い【ファイナンシャルプランナー(FP)1級ということでお話しました。

すでにFPとして業務をしている人はAFPやFP2級までは取得している人は多いと思います。

FPとして今後も継続していくのでしたら、一回取得してしまうと資格が永久なFP1級より、取得後も研修があるCFPの方がよいとも言えます。

知識を深めてスキルアップするため、または独立して活躍するためにCFPとFP1級のダブル取得をぜひ目指してみて下さい(^^)/

無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 FP講座

おすすめの記事一覧