ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)】略して【FP】と呼ばれています。

FPを取得するまで、私は簿記と福祉系の資格の勉強を主にしていました。

コスメ
次は何を勉強しようかな…
と、考えていた時に、一応法学部出身なので「法学検定」や「ビジネス実務法務検定」「行政書士」など法律系の資格も考えたのですが、ココロが動きませんでした…

コスメ
いまだに法律系は一つも取得していません…
そんな中、書店の総合資格の本に『簿記とFPは相性が良い』みたいな言葉だったと思いますが、すごくココロに響き例のごとく不器用で段階を踏みたい私はFP3級から目指して2級を目指そうと思いました。

コスメ
シルバーコレクターですので(笑)
今回は、そんな筆者も取得した【ファイナンシャルプランナー(FP)3級について経験者としてのお話です。

なお、FPの試験は

  • 一般社団法人金融財政事情研究会(金財)
  • 特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(協会)

の2機関で行っています。

今回は、私も受験した受験者の多い「金財」でお話を進めたいと思います。

無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓

FP3級|簿記とダブルライセンスで国家資格試験

ファイナンシャルプランナー3級1987年に日本で初めて公的資格として当時の労働省からFPの「技能審査」と認定され、2002年に制度が変わり国家資格化されました。
※正確にはファイナンシャル・プランニング技能士が国家資格でAFPとCFPは民間資格

簿記と相性が良いと書きましたが実際は計算問題は少なく、内容は保険・年金・不動産・税金・相続などの分野を広く浅く学ぶというものでした。

分野的には、大雑把に言うと【簿記】【宅建】【社労士】を広く浅く薄く?した感じです。

その中でも、社労士は別格ですがFP2級と簿記2級と宅建までは比較的頑張れば取得出来ると感じました。

コスメ
私が証明です(笑)

私は、宅建・FP2級・日商簿記2級までしか取得していないですが、私個人的に難易度を比較してみました。

日商簿記・FP(金財)・宅建・社労士難易度比較
FP3級日商簿記3級<<<<FP2級<日商簿記2級<宅建<<<<<<FP1級<<<<日商簿記1級<<<<<<<<<<<<社労士
※あくまで私の個人的なイメージです

難易度的には、FPと簿記が近いのでダブルライセンスを狙うならまずは簿記をおすすめします。
その中でも、企業などでも認知度が高い【日商簿記】がよいでしょう!

その次が【宅建】ですかね?

可能でしたら、あなたには日商簿記1級・FP1級・社労士にもチャレンジしてほしいと思います。

コスメ
私の果たせなかった夢を…

私が資格マニアとして一番初めに取得した資格の日商簿記3級については以下の記事にも書いています。

 

FP3級をなぜ受験しようと思ったのか?

試験会場の画像
一番の理由は「資格マニア」だからですが(笑)

他には、

  • 簿記】を長く勉強していたので延長線上で自分のためにもお金に関することを学びたいと思ったのと税金分野があること
  • 社会福祉士】で成年後見制度などを学んだので相続分野があること
  • 宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)】取得も視野に考えていたので不動産分野があること
など、興味が沸いたためです。

  • 簿記は、企業内のお金の動きを管理
  • FPは、個人の資産運用計画に対しアドバイス

ともにお金に関する仕事で、ダブルライセンスに向くと言われています。

FP3級の試験は年に3回

3の数字の画像
FPの3級と2級は、1月・5月・9月に年3回試験があり、「学科」と「実技」に分かれています。

例えば、

  • 1月に3級を受験したら、5月に2級を受験
  • 1月に3級の学科のみ科目合格だったら、5月に実技のみに集中

など、比較的長期スパンで余裕をもって対策可能です。

私は、3級は1回目の試験は学科も実技も不合格で、2回目の試験で合格しました。

この頃も資格マニアとして脂がのっていたので頭がこんがらがっていました(笑)

この頃の受験遍歴
2010年1月:FP3級(1回目不合格)

2010年2月:社会福祉士(1回目で合格)

2010年5月:FP3級(2回目で合格)

2010年5月:危険物取扱者乙種4類(1回目で合格)

2012年3月:大型自動車&大型特殊自動車第一種免許

2013年9月:FP2級(1回目実技試験科目合格)

2013年10月:宅建(1回目不合格)

2013年11月:2級ボイラー技士(1回目で合格)

2014年1月:FP2級(2回目で合格)

2014年4月:危険物取扱者乙種1・6類(1回目で合格)

2014年6月:危険物取扱者乙種2・3類(1回目で合格)

2014年7月:危険物取扱者乙種5類(1回目で合格)

2014年10月:宅建(2回目で合格)

このように、FP3級合格からFP2級1回目の試験まで3年も間が空いたのは、資格マニアとして小休止していたのと、途中からFP2級と宅建を同時並行で勉強して秋に「ダブル合格」を目指して長期スパンで勉強していたためです。

コスメ
どちらも1回目不合格でしたが…
FP2級と宅建については以下でも詳しく書いています。

宅建記事    準備中…

無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓

FP3級の勉強時間・期間は?

時計の画像

FPの一般的な学習時間
  • 3級=50~150時間(1~3ヵ月)
  • 2級=150~400時間(3~9ヵ月)
  • 1級=600~1000時間(1~2年)

FPは簿記と同じで試験は3~2級は年に3回、1級は年に2回あります。

学習時間も簿記とほぼ同じくらいと考えてよいと思います。

私自身は、簿記の時とは違って勉強に対する集中力が増していたので一発合格とはいかず期間は長引きましたが、勉強時間は比較的一般的な時間で取得出来ました。

コスメ
簿記3級は2年もかかりましたので…
試験の詳細などについては以下の記事でも書いています。
FP1~3級まとめ記事 準備中…

FP3級の合格率は60%前後

60%の文字

金財においての3級の合格率は、ここ最近は学科と実技両科目とも60%前後(実技試験は個人資産相談業務)ととても高く真面目に勉強していれば合格する試験と言えます。

コスメ
私は1回目は両科目とも不合格でしたが…(>_<)

金財の合格率に関しては金財「試験結果」を参照ください。

まとめ

まとめ(猫の画像)
いかがでしたでしょうか。

今回は、簿記資格や宅建資格と相性が良い【ファイナンシャルプランナー(FP)まずはFP3級からということでお話しました。

金融分野や不動産分野などで働いている方や、就職・転職を考えている方には知識習得やスキルアップには目指したい資格かと思います。

就職・転職などでも、簿記も最低限2級は目指したいのと同じで、FPも2級をぜひ目指してみて下さい!

FPも簿記と同じで2級は3級の内容を細かくして難易度アップした感じでした。

いきなり2級からでもいけるかもしれませんが、私はやはり3級で慣れてからの方が良いと思います。

通信や通学講座などでは、「3級から学ぶ2級講座(3級無料)」などもありますので検討してみてくださいね(^^)/

 

FPの【通信講座】の詳細は以下の公式HPから↓

 

FPの【通学講座】の詳細は以下の公式HPから↓
資格の大原 FP講座

 

 

おすすめの記事一覧