管理人の私は、これまで資格マニアとして興味のあるいろいろな資格を独学で取得してきました。
主に資格を取得した時期が、学生や無職期間の時で金銭的に余裕がなかったため独学しか選択肢がありませんでした。

そのため、取得するまでの期間がすごく長期になってしまいました…

コスメ
もし当時、金銭的な余裕があったら絶対に通学で学んでました!!
ちなみに、人生で初めて取得した資格は日商簿記3級でした。

なぜ日商簿記3級の資格取得を目指したのかなどは以下の記事に書いています。

さて今回は、資格取得に向けての独学・通信の・通学でのおすすめの勉強方法やメリット・デメリットなどについてお話したいと思います。

 

無料で各種資格の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

【資格取得】最短合格を狙うなら通学がおすすめ

勉強

初めに通学がおすすめと言ってしまってますが…

私はさまざまな検定資格の3級と2級、そして国家資格を独学で取得してきましたが、それは学生や無職の時で金銭的に余裕がなかったのが一番の理由です。

何年もかけて勉強できる時間や環境があるのでしたら独学でもよいと思いますが、社会人などで最短での合格を目指すのなら通学一択です。

次でくわしく、それぞれの勉強方法の違いなどを述べています。

【独学】でのメリット・デメリットは?

勉強してるペンを持った手

私が勉強した方法で、市販の参考書などで資格取得に向けひたすら一人で勉強をする完全な独学の場合です。

この方法の一番のメリットは、とにかく資格取得に向けてかかる費用が安く済むということです。

思いつくメリットってこれしか思いつきません(笑)

そしてデメリットですが、試験対策やモチベーションの維持など全て自分自身で対策しなければならないことです。

効率的にストイックに勉強できる方はよいのですが、私のように何の試験対策もできず不合格が続き、日商簿記3級に関しては6回も試験を受けたので受験料や試験場までの交通費や参考書や問題集の再購入など出費がかさんでしまいました。

ですので、よほどの強い意志と気力が独学には必要です。

【通信】でのメリット・デメリットは?

パソコンとノートの写真

通信での学習には、いろいろな方法があります。

学校発行の参考書や問題集などを使って勉強する教材だけの学習。

パソコンでのDVDなどを使った通信講座、インターネットでのオンライン講座など多数あります。

コスメ
独学と通学の中間ってところですね

この方法のメリットは、学校で行っている試験対策などが通学同様に受けれて、問題集なども学校独自の物で学習できることです。

費用も通学よりは安いということも言えます。

デメリットとしては、講座の費用が独学よりもはるかに高いこと、独学同様にモチベーションの維持は全て自分自身で行うことなどです。

どうしても通学で通えない理由のある人や通学にかける金銭的余裕のない方向けです。

 

無料で各種資格の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

【通学】でのメリット・デメリットは?

資格スクールで勉強する生徒達

こちらは、いわゆる資格スクールに通う方法です。

デメリットを先に述べると、当たり前ですが独学とは真逆でそれなりに学費がかかることです。

次は、通学での利点・メリットを細かく分けて述べたいと思います。

良い意味での緊張感を得られる

通学での一番のメリットはこれだと思います。

  • 資格取得という同じ目的を持った人達と一緒に学べる
  • 通学することで半強制的に勉強する環境に追い込める
  • 同じ資格を取得する目的のある生徒達が近くにいて緊張感を保てる
  • 良い意味で勝手にライバルを作り出すこともメリットです(笑)

独学や通信ですと、どうしてもダラけてしまって集中力が続かないなど考えられます。

家で勉強する場合、ベッドやTV・スマホやパソコンなど誘惑が多いですよね…

  • 気づいたらTVに夢中になってた…
  • 少し仮眠するつもりが起きたら夕方だった…
  • YouTubeで動画鑑賞やネットサーフィンしてたら…

『当てはまる…』って人、いますよね?(笑)

コスメ
私がそうでした…

人の目があるって、周りが集中していると嫌でも集中せざる得ません。

図書館やカフェやマックでも人の目があるのでは?

同じ人の目でも読書や食事やお茶をしてる人、中には勉強をしてる人もいますが、学校ですと100%勉強のためだけに来ているので環境がまったく違います。

全国、主要駅近くに学校があって通いやすい

学校は、全国いろいろな場所にあり立地も駅から徒歩圏内など、通うのに便利なところにある学校が多いです。

会社員で仕事が終わった後に通うのなら駅から近いのは便利ですね。

主婦や主夫の方も家事の合間に通うのは大変だと思いますが、少しでも移動のロス時間を短縮できるのは助かります。

通学での圧倒的な合格率

参考書や問題集などは、通信とそれほど変わらないのかもしれませんが、試験のヤマを張った特別な問題や合格に向けてのノウハウなどを臨機応変に教えてくれるというのが通学ならではです。

結局のところ本人のヤル気次第ですが、ほとんどの資格に言えることは、試験全体の合格率に対して通学では試験対策などもあるため独学や通信で勉強した場合より、通学生の合格率は上がる傾向があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

いろいろな資格がありますが、私の経験としては社会人になってからの資格取得で、簿記やFPなどの検定資格の3級は独学でもいけるように思います。

コスメ
取得を急いでいないという前提ですが…

宅建や社会福祉士などの国家資格は試験も年に一回だったりで、社会人の方には独学では相当の努力が必要に思います。
私は、両資格を取得したときは暇な学生時代と無職の時でしたのでなんとかなりましたが…

ましてや、社労士や行政書士・司法書士などの難関資格は独学ではニートにでもならない限り無理なのではないかと思います。

私はニートでも受かる自信ありませんが(^^;)

絶対に資格を取得したい!!」という強い意志があるなら、ある程度強制力のある環境に身を置ける通学での勉強方法をおすすめします。

ちなみに資格スクールには、簿記講座を例にすると【3級2級セット講座】などもありますので、まずは資格スクールに無料の資料請求をして自分で納得してからよく考えてみるのも良いかもしれません。

 

無料で各種資格の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

おすすめの記事一覧