資格マニアとして私が取得した資格の中で、簿記系や福祉系から急に理系っぽい資格に初めて挑戦したのが、この危険物取扱者乙種第4類です。

コスメ
通称「危険物乙4(オツヨン)」と言われています。

私は資格マニアとしては資格の数が少なくて恐縮ですが、資格マニアの先輩方は必ずこの危険物乙4は通る道かと思います。

この資格は「国家資格」の中では難易度的に取得しやすく、ガソリンスタンドや化学工場などで重宝され取得者も多く人気です。

乙4を取得してから、「乙種1.2.3.5.6類」や「甲種」取得を目指すのが一般的です。

理由としては、乙種4類のみの参考書と乙種1.2.3.5.6類がまとまった参考書に分かれるからです。
※例えば乙種1類のみの参考書はありません

今回は、そん危険物取扱者の資格の中で一番初めに取得するのにおすすめな【危険物取扱者乙種第4類についてのお話です。

 

  公式  

危険物取扱者乙種第4類取得から全類へ

危険物取扱者乙種4類
危険物取扱者の資格としては、

  • 甲種(コウシュ)
  • 乙種(オツシュ)1.2.3.4.5.6類
  • 丙種(ヘイシュ)

があります。

コスメ
漢字が苦手で「ヘイシュ」が読めなかったです(^-^;

まずは乙4から取得

圧倒的に有資格者が多いのは乙種4類です。

理由として、

  • 【甲種】は「大学等で15単位以上化学に関する科目を修得した者」など受験資格があり、全類の勉強も必要で難易度が高い
  • 【乙種】は受験資格がなく、乙4は4類のみの勉強でガソリン・軽油・灯油が扱えるので全国のガソリンスタンドで働くのに重宝する
  • 【丙種】は乙種の下位資格でありメリットが少ない

などがあります。

他の乙種1.2.3.5.6類は、あまり身近に感じないのと扱うことが圧倒的に少ないです。

例をあげますと…

免状の種類 取扱い可能な危険物
甲種 全種類の危険物

1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
丙種 ガソリン、灯油、軽油、重油など

 

乙4と丙種の違い

表を見ると【乙4】と【丙種】が似ていると思います。

違いは、丙種の方が試験の難易度が低い代わりに自らガソリンを扱うことができるのみなのに対し、乙4は無資格者がガソリンを扱うのを見守りすることができる点です。

そのため【丙種】はガソリンタンクローリーの運転者などに向いていて、【乙4】はガソリンスタンドや化学工場の従業員に向いています。
※面接では乙4の方が有利

次でも詳しく説明します。

 

乙種4類はガソリンスタンドでは必須資格

ガソリンスタンドの画像
ガソリンスタンドでアルバイトなどで働くには無資格でも可能です。

しかし、ガソリンスタンドには必ず一人は甲種か乙4の有資格者の設置義務があります。

乙4は無資格者を見守れる

甲種か乙4があれば無資格者を見守りできる資格があり、無資格のアルバイトやセルフスタンドでお客が給油をするのを見守ることが可能となります。

最近のガソリンスタンドはセルフスタンドが増えており、事務所では最低一人は甲種か乙4の有資格者がいてカメラでお客の給油を見守ったり遠隔操作したり管理などしています。

丙種は自らガソリンを扱うことが可能ですが見守りはできないので、セルフスタンドでは甲種か乙4で補っているというカラクリです。

ちなみに深夜勤務だとお客も少なくエアコンの効いた事務所で仕事ができ時給も高いので人気です。

コスメ
倍率が高いので随時求人をチェックするといいですね( ..)φメモ

 公式 

乙種4類の試験は他類にくらべて試験日が多い

試験会場の画像
試験は全国単位で都道府県知事から委託された元消防庁所管の「一般財団法人 消防試験研究センター」が行っています。

受験は、居住地などに関係なく全国の都道府県で受けられます。
※合格後の免状の申請先と印字は受験地の都道府県(郵送可能)

試験日数が一番多いのは東京都

都道府県によって試験日の回数はバラバラで、少ない都道府県で年2回ですが一番多い東京都はなんと年40回ほどあります!

なぜ東京都だけそんなに多いの?
東京都が多い理由としては、全国に支部がありますが東京都の「中央試験センター」は本部事務局の下部組織であり全国で行われた試験の集計や受験票の印刷などを行っていて本部的な感じだからです。

コスメ
全国で一番受験人口が多いのもあると思います…

東京都以外は「○○道府県支部」なのが、東京都のみ「中央試験センター」です。

私は東京都で受験しましたが、受験者の中にはスケジュールの関係で遠方から来る方もいます。

例えば、お隣の神奈川県は試験が年4回なので東京都で受験する方が多いです。

試験日は、全国ほぼ土曜日か日曜日ですが都道府県の一部で平日試験もあるところもあります。

東京都以外の道府県だと試験会場が毎回同じではなく高校や大学や会議室など変わる場合もありますが、東京都は京王線「笹塚駅」から近い東京消防庁消防技術安全所内にある「中央試験センター」が固定の会場です。

すごい人になると、全6類を旅行のついでに6都道府県で受験する人もいるみたいです!

詳しくは消防試験研究センター「試験日程(全国一覧)」をご覧ください。

乙種4類の合格率は30%前後

30%の文字
乙4の平均合格率は30%前後です。

ちなみに甲種も30%前後、乙種1.2.3.5.6類は各60%前後です。

なぜ乙4だけ低いんですか?

コスメ
別に乙4が甲種並に難しいわけではないです
理由として、

  • 乙4のみ突出して受験者が多く何度も不合格している者が多いこと
  • まずは乙4に合格してから他類を受験する者が多く、他類は乙4に合格した能力の受験者が多いため合格率も高い

などが挙げられます。

試験科目は3科目

試験科目は、

  • 危険物に関する法令「法令」
  • 基礎的な物理学及び基礎的な化学「物化」
  • 危険物の性質並びにその火災予防及び消化の方法「性消」

の3科目で試験時間は2時間ですが、乙4に合格したら他類を受験するときは「法令」と「物化」の科目が免除になり、1科目35分間の試験時間のみで「性消」に集中できる点もあります。

乙種1.2.3.5.6類に関しては以下の記事にも書いています。

 

乙種4類と大型免許でガソリンタンクローリー

ガソリンタンクローリーの画像
もし、ガソリンタンクローリーを運転する仕事に興味があるのでしたら乙4と大型自動車免許は必須です。

他に牽引(けんいん)免許があればパーフェクト!

実は私は、ガソリンタンクローリーに憧れがあって資格マニア抜きに危険物取扱者の資格を取ろうとしました。

大型免許も取得しましたが、結局は「憧れ」のまま終わりました。

コスメ
資格マニアとしてはライセンス増えて良かったですが…

もし興味がありましたらチャレンジしてみて下さい(^^)/

「大型自動車免許 記事準備中…」

【公式】
おすすめの記事一覧