管理人の私が、資格&免許マニアとして人生で初めて取得した資格が、この日商簿記3級でした。
20代前半の頃です。

日商簿記3級といえば株式会社などへの就職や転職を目指す社会人にとっては第一歩の基礎的な資格になります。

今回はそんな初めての検定資格の勉強におすすめな【日商簿記3級についてのお話です。

 

無料で日商簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

日商簿記3級取得は初めての資格におすすめ

日商簿記3級イメージ画像一番メジャーで知名度のある【日商簿記検定】の3級は社会人にとって検定資格の登竜門的資格と言われています。

一般事務や経理事務などで就職するには簿記の資格はあった方が履歴書で差が付きます。

私は目指していませんでしたが、税理士や公認会計士を目指している人でしたら日商簿記3級は一番基礎的な資格ですので将来のために学んでいて損はありません。

就職や転職には2級が有利ですので、いずれは2級取得を強くおすすめします!

私は最終的に日商簿記2級まで取得出来ました。

日商簿記2級に関しては以下の記事に詳しく書いていますので参照ください。

ちなみに有名な日商と全経簿記の二つでの比較ですが、難易度は一般的には以下のようになっています。

日商と全経簿記の難易度比較
全経簿記2級<日商簿記3級<<全経簿記1級<<日商簿記2級<<<<<全経簿記上級<<日商簿記1級

※あくまで一般的なイメージです

いずれ日商簿記2級や1級を目指すなら日商簿記3級はスタートラインと言えます。

 

無料で日商簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

日商簿記3級になぜチャレンジしたのか?

チャレンジする画像
当時、夜学の二部大学生時代の時にアルバイトをしていましたが、自由な時間が多くありました。

フルタイムでバイトしていたわけではないのと、大学って真面目に講義を受けないとこんなに暇なんだ!と思いました。

私はとりあえず大学卒の資格を手に入れたかっただけなので、大学には真面目に通わず単位を手に入れるために試験前のみ講義に出席する科目が多かったです。

文系なので理系と違って厳しくないんですよね…

そういう大学生、多いと思います。

コスメ
私にとって今となっては「大学卒業検定」という資格を取得した感じだった

そんな中、『何か資格の勉強でもしてみようかな…』と思い立ち、近くに商工会議所があって掲示板で日商簿記という名前を通学の時など毎日のように目にしていて、試験が年3回あって取っつきやすいかなと軽い考えから始めようと思ったのが理由です。

就職には2級があった方が良いとのことでしたので、不器用で段階を踏みたい私は3級から頑張ろうと思いました。

簿記を選んだ一番の理由は知名度だった

有名なイメージ
英検の方が知名度高いかもしれませんが、英語は中学一年でストップしていて全くダメダメでしたので簿記になりました。

コスメ
その後、まさか30代後半になって英検受けることになるとは…

英検については、またいつかの機会にお話ししますね。

英検の方が知名度が高いのは受験者数からも分かるのですが、社会人にとって実用性があって知名度が高いことを考えたら簿記とTOEICではないかと思います。

横文字がダメダメでしたので消去法で私は簿記となりました(笑)

 

無料で日商簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

日商簿記3級の勉強時間・期間は?

時計の画像

一般的な勉強時間
  • 3級=50~150時間(1~3ヵ月)
  • 2級=150~400時間(3~9ヵ月)
  • 1級=600~1000時間(1~2年)

3級は一般的に50~150時間の勉強時間が必要と言われています。

例えば、3級の最低50時間ですと1日2時間・週6日で12時間。

または、平日1時間×4日、土日に4時間で月間50時間になります。

これはあくまで一般論であって、人によってはもっと早かったり遅かったりします。
独学と通学など勉強方法でも変わります。

初学の方と2回目以上の方でも変わります。

2級ですと3級から始める方と、いきなり2級からでも変わります。

※私は独学で2年もかかりましたので一般論は全く通用しませんが…

 

日商簿記3級の勉強期間は全資格の中で一番長かった

長期間のイメージ
人生初の資格の勉強である事と、当時の私は勉強に対するモチベーションが低く集中力も良くなかったです。

週に5~6日、1日2~3時間勉強してましたが集中してたのは1時間ほどでした。

なんと、合格したのは6回目の試験でした。

コスメ
要した期間はなんと約2年!!

一般的には、約1~3ヵ月の勉強で3級は合格率が40%前後なので、1~2回の試験で受かる人が多い事を考えると長すぎました…

しかも、4回目の受験の時に申し込みを忘れたという、今では考えられないミスも犯しました。

気づいたのは申込締め切り日の一週間後でした…

ですので、空白期間を入れると7回目の試験で合格したとも言えます(^^;)

 

無料で日商簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

日商簿記3級とFP3級でダブルライセンス

ファイナンシャルプランナー3級簿記と相性が良い資格として、【ファイナンシャルプランナー(FP)があります。

  • 【簿記】は、企業内のお金の動きを管理
  • 【FP】は、個人の資産運用計画に対しアドバイス

ともにお金に関する仕事で、ダブルライセンスに向くと言われています。

FP】の内容は保険・年金・不動産・税金・相続などの分野を広く浅く学ぶというもので、分野的に大雑把に言うと【簿記】【宅建】【社労士】を広く浅く薄く?した感じです。

FPの問題に税金問題があるため簿記を学んでいると有利です。

ちなみにFPの税金分野は簿記ほど難しい計算問題が少なく暗記がメインになります。

私は、宅建・FP2級・日商簿記2級までしか取得していないですが、私個人的に難易度を比較してみました。

    日商簿記・FP(金財)・宅建・社労士難易度比較
    FP3級日商簿記3級<<<<FP2級<日商簿記2級<宅建<<<<<<FP1級<<<<日商簿記1級<<<<<<<<<<<<社労士

    ※あくまで私の個人的なイメージです

    日商簿記3級は難易度的にはFP3級が近いのでダブルライセンスを狙うなら、まずはFPをおすすめします。

    FP3級に関しては以下の記事でも詳しく書いていますので参照ください。

     

    無料でFP講座の資料請求は公式HPから↓

    まとめ

    まとめ(猫の画像)
    いかがでしたでしょうか。

    今回は、私が2年という長い月日をかけて取得した日商簿記3級についてお話しました。

    日商簿記3級は、社会人にとって初めての資格取得におすすめです。

    ぜひ、就職・転職を目指すあなたには3級取得後にステップアップとして最低限2級は頑張って取得してもらいたいと思います(^^)/

     

    無料で日商簿記講座の資料請求は公式HPから↓
    資格の大原

    おすすめの記事一覧