今まで、当ブログの福祉系資格では主に「介護資格」を書いてきましたが、関連資格として私も取得した「社会福祉士」も取り上げようと思いました。

社会福祉士という資格は、介護福祉士と同じく1987年から制度が開始されました。

社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とするソーシャルワーク系の国家資格です。

英語でCertified Social Worker「CSW」と略称されています。

「社会福祉士」・「精神保健福祉士」・「介護福祉士」は【三大福祉国家資格】と呼ばれています

公益財団法人 社会福祉振興・試験センターHPで社会福祉士について抜粋です。

社会福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行なうこと(以下「相談援助」といいます。)を業とする者で、一定の受験資格を有する者が、国家試験を受験し、これに合格した者が所定の登録を受けることにより、社会福祉士の資格を取得することができるものです。
社会福祉士国家試験は、社会福祉士として必要な知識及び技能について筆記試験の方法により行ないます。

今回は、そんな三大福祉国家資格の中で試験が一番最難関と言える【社会福祉士についてのお話です。

 

無料で社会福祉士養成施設・受験対策講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

【社会福祉士】国家資格取得で働く場所が広がる

社会福祉士の働ける場所

出典:日本メディカル福祉専門学校

社会福祉士は、保健・医療、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、行政、その他社会福祉業務全般を行う福祉のスペシャリスト的資格です。

「ジェネラリスト・ソーシャルワーカー」とも呼ばれています。

看護師など資格がないと仕事ができない「業務独占資格」と違い、社会福祉士は資格がなくても仕事ができる「名称独占資格」です。

「名称独占資格」とは、社会福祉士として仕事をする場合に『社会福祉士です』と名乗ったり名刺に記載が可能ということです。

他に、精神保健福祉士・介護福祉士・保育士なども名称独占資格です。

最近では、地域包括支援センターでは必置資格になったり、保険加算のための人員配置基準で精神保健福祉士と並んで医療ソーシャルワーカーの必置資格として社会福祉士有資格者が重宝されてもいます。

社会福祉士は多方面で活躍しています。

社会福祉士として活躍する場所
  • 【福祉施設等】
    介護・障害者・児童施設などで相談援助職として働く
  • 【地域包括支援センター】
    市町村などの地域包括支援センターで保健師・主任ケアマネ等と連携し働く
  • 【学校等】
    スクールソーシャルワーカー「School Social Worker(SSW)」として生徒や学生の悩みや問題を解決するために、スクールカウンセラー「School Counselor(SC)」等と連携して働く
  • 【病院等保健医療機関】
    医療ソーシャルワーカー「Medical Social Worker(MSW)」として患者や家族などの悩みや問題を解決援助し、社会復帰の促進を図るために医師・看護師など医療従事者等と連携して働く
  • 【刑務所・少年院・更生保護施設等】
    犯罪受刑者などの社会復帰のために、保護観察官・保護司・身元引受人・ハローワーク等と連携しながら働く
  • 【成年後見人】
    判断能力の衰えた人への後見人・保佐人・補助人として、弁護士・司法書士などと同じ「職業後見人」として働く
  • 【独立型社会福祉士】
    施設等に所属せず独立開業して、株式会社やNPO法人または個人事業主として働く

社会福祉士を目指すには、さまざまなルートがあります。

社会福祉士の資格取得ルートは大きく分けて4種類

社会福祉士ルート図
出典:社会福祉振興・試験センター

社会福祉士の資格取得を目指すには、細かく分けると12パターンですが大きく分けて4パターンあります。

社会福祉士は、介護を主体とした肉体労働的側面が強い介護福祉士と違い、ソーシャルワークを主体とした頭脳労働的側面が強いためなのか、資格取得を目指すには基本的に大学に行く必要があります。

  1. 【福祉系大学等ルート】
    社会学部社会福祉学科などの4年制大学や専門学校を卒業
    ※4年制なら専門学校でも可
  2. 【一般大学等ルート】
    「1」の福祉系以外の4年制大学を卒業後、「一般養成施設」を卒業
  3. 【実務経験ルート】
    相談援助業務で実務経験4年以上経過後に、「短期養成施設」または「一般養成施設」を卒業
  4. 【社会福祉主事養成機関ルート】
    社会福祉主事養成機関卒業後、実務経験2年経過後に、「短期養成施設」を卒業

※「1」「2」とも短大の場合は1~2年の実務経験が必要

養成施設は2種類あります。
※「養成施設」とは主に大学や専門学校です

  1. 【短期養成施設】6か月以上の課程
    ※現在は、通信制の9ヵ月課程がメイン
  2. 【一般養成施設】1年以上の課程
    ※昼間部通学1年・夜間部通学2年・通信制1年6か月など
※「短期養成施設」ですが、全国に14か所しかありません(2018年現在)
(詳しくは短期養成施設・一般養成施設に記載)

これらの中で、社会人で既に大学を卒業している者で社会福祉士を目指すには、一般大学ルートにて「一般養成施設」で学ぶ方法が一般的です。

通信でもスクーリングの時は通学となりますので、学校の所在地や交通ルートも調べておくことをおすすめします。

福祉系大学等ルート

福祉系大学等ルート図

出典:進学ナビ

福祉系大学等ルートで社会福祉士を目指すには、細かく分けると6パターンあります。

  1. 福祉系大学等(4年制)で指定科目を履修し卒業
  2. 福祉系短大等(3年制)で指定科目を履修し卒業後、実務経験1年
  3. 福祉系短大等(2年制)で指定科目を履修し卒業後、実務経験2年
  4. 福祉系大学等(4年制)で基礎科目を履修し卒業後、短期養成施設を卒業
  5. 福祉系短大等(3年制)で基礎科目を履修し卒業後、実務経験1年を経て、短期養成施設を卒業
  6. 福祉系短大等(2年制)で基礎科目を履修し卒業後、実務経験2年を経て、短期養成施設を卒業

一目瞭然、一番スムーズで分かりやすくて楽なのは「1」の福祉系大学等(4年制)で「指定科目」を履修して卒業です。

ここで2009年度入学以降からの「指定科目」と「基礎科目」について。
※2009年3月まで・2009年4月~で指定科目の変更あり

指定科目 基礎科目
人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム のうち1科目 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム のうち1科目
現代社会と福祉
社会調査の基礎 社会調査の基礎
相談援助の基盤と専門職 相談援助の基盤と専門職
相談援助の理論と方法
地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画 福祉行財政と福祉計画
福祉サービスの組織と経営 福祉サービスの組織と経営
社会保障 社会保障
高齢者に対する支援と介護保険制度 高齢者に対する支援と介護保険制度
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
低所得者に対する支援と生活保護制度 低所得者に対する支援と生活保護制度
保健医療サービス 保健医療サービス
就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度 のうち1科目 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度 のうち1科目
相談援助演習
相談援助実習指導
相談援助実習

ご覧のように、「基礎科目」に数科目プラスしたものが「指定科目」です。

4年制大学なら福祉系大学・一般大学問わず実務経験は必要ないです。

短大ですと4年制に合わすためなのか1~2年の実務経験が必要です。

そして、基礎科目のみの履修ですと指定科目に不足分の科目を学ぶために短期養成施設を卒業する必要があります。

このようなことから、「基礎科目」のみ履修で短期養成施設を選ぶのなら、初めから「指定科目」を履修してしまった方が学費の面などからもおすすめです。

コスメ
4年制なら専門学校でも可能ですが、私はキャリアアップも考えて大卒資格も手に入る大学をおすすめします

一般大学等ルート

一般大学等ルート

出典:品川区社会福祉協議会

一般大学ルートで社会福祉士を目指すには、細かく分けると3パターンあります。

  1. 一般大学等(4年制)を卒業後、一般養成施設を卒業
  2. 一般短大等(3年制)を卒業後、実務経験1年を経て、一般養成施設を卒業
  3. 一般短大等(2年制)を卒業後、実務経験2年を経て、一般養成施設を卒業

こちらのルートも「1」の一般大学(4年制)を選択した方がスムーズです。

福祉系大学は指定科目や基礎科目の福祉科目がありますが、一般大学ルートは福祉科目自体が少ないため、代わりに養成施設で学ぶシステムです。

短期養成施設と違い一般養成施設は数が多く学ぶ方法も複数あります。

その中でも、通信制の1年6ヵ月課程が目立ちます。

他にも、昼間通学1年・夜間通学2年など学ぶ人の環境によって選べるのが良いですね(^^♪

 

 

無料で社会福祉士養成施設・受験対策講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

実務経験ルート(実務4年)

実務経験ルート図

出典:進路のミカタ

実務経験ルートで社会福祉士を目指すには、細かく分けると2パターンあります。

  1. 児童福祉司・身体障害者福祉司・知的障害者福祉司・老人福祉指導主事・査察指導員等の実務経験4年を経て、短期養成施設を卒業
  2. 「1」以外の相談援助実務経験4年を経て、一般養成施設を卒業
詳しくは受験資格対象を参照

「査察指導員」と「現業員・ケースワーカー」の違いですが、

「査察指導員」は生活保護などのケースワーカーを指導・教育したりするスーパーバイザー的な立場です。

コスメ
その違いが、その後の短期養成施設か一般養成施設に分かれます。

 

社会福祉主事養成機関ルート

社会福祉主事養成機関ルート図
最後に、社会福祉士を目指す者でこのルートを選択する者は少ないですが紹介です。

  • 社会福祉主事養成機関を卒業後、実務経験2年を経て、短期養成施設を卒業
全国の「社会福祉主事養成機関」についてはWAM NET(ワムネット)社会福祉主事養成機関で検索できます。

このルートですが、福祉系大学等ルートの「6」と似ています↓

  • 福祉系短大等(2年制)で基礎科目を履修し卒業後、実務経験2年を経て、短期養成施設を卒業

そもそも「社会福祉主事」とは、公務員として都道府県や市町村の福祉事務所の生活保護ケースワーカーなどの現業員や公立の福祉施設などで働く者に任用される任用資格であり、任用されると「社会福祉主事任用」資格とも言います。

社会福祉法に定めがあり、福祉事務所には必置義務があります。
※福祉事務所のない町村には任意設置

基本的には公務員として働く者の資格なのですが、福祉施設や介護施設の相談員として準用しているケースもあります。

それだったら、取得に大変な「社会福祉士」じゃなくてもいいのでは?
あくまで「準用」ということなので、相談職のソーシャルワーカーとしてはやはり「社会福祉士」になります。

社会福祉主事を取得する方法として以下の5パターンがあります。

  1. 大学、短大等で厚生労働大臣の指定する社会福祉主事任用資格選択必修科目のうち、いずれか3科目以上の単位を修得して卒業した者
  2. 厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了した者
  3. 社会福祉士 又は 精神保健福祉士
  4. 厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者
  5. 1〜4に掲げる者と同等以上の能力を有する者として厚生労働省令で定める者

あきらかに「1」の大学や短大で3科目以上の単位を修得して卒業した者が一番簡単な方法です。

当てはまる科目として以下が該当します。

社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉援助技術論、社会調査論、社会福祉施設経営論、社会福祉行政論、社会保障論、公的扶助論、児童福祉論、家庭福祉論、身体障害者福祉論、保育理論、知的障害者福祉論、精神障害者保健福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、地域福祉論、法学、民法、行政法、経済学、社会政策、経済政策、心理学、社会学、教育学、倫理学、公衆衛生学、看護学、介護概論、栄養学、家政学

特に「法学」「経済学」「心理学」「社会学」「教育学」「倫理学」などは、文系理系を問わず一般教養科目で履修できる大学が多いので、卒業する頃には意識しないで知らずに3科目取得している者が多いです。

コスメ
私がそうでした
※注意する点として、「大学、短大等」であって専門学校などで上記の科目を取得しても対象外となります。

そして、私も勘違いしていて試験センターに問い合わせて分かったことなのですが…

このルートの「社会福祉主事養成機関を卒業後」ですが、「1」の大学などで社会福祉主事科目を取得のいわゆる「3科目主事」ではダメとのことでした!

あくまで、社会福祉士を目指すための社会福祉主事ルートとしては「2」の社会福祉主事養成機関を卒業した者でなければいけないとのこと。
※講習会もダメとのこと

そして、社会福祉主事養成機関ですが1年制の通信もありますが、ほとんどが通学の2年制以上の養成機関です。

それでしたら、似ている短大2年ルートの方が「短期大学士」の資格も手に入るため、私としては社会福祉士を目指すためのこのルートはおすすめしません。

おすすめしないのですが、一応こういうルートもあるということで紹介いたしました。

まとめ

まとめ(犬の画像)いかがでしたでしょうか。

介護福祉士と違って、社会福祉士は基本的には大学卒業者を前提に考えられているのだなと感じました。

まだ大学に行ってなくて社会福祉士を目指している

  • これから大学を考えている高校生のあなた
  • 社会人で転職を考えている高卒のあなた

あなたは、ぜひ養成施設にも行かなくてスムーズに資格取得の目指せる「福祉系4年制大学」を強くおすすめします。

福祉系大学でしたら、3年次に社会福祉士・4年次に精神保健福祉士のダブルライセンスも取得可能です。

精神保健福祉士については以下でも詳しく書いています。

まだ養成施設に行ってなくて社会福祉士を目指している

  • 「一般大学を卒業」・「短大を卒業で実務経験」を経て養成施設を目指しているあなた
  • 「相談援助実務経験4年」を経て養成施設を目指しているあなた

私自身、4年制の二部夜間の一般大学法学部卒業後に学士編入学試験を受験して他大学の二部夜間の社会学福祉学部3年次に編入学しました。

しかし、2年間で福祉基礎科目と指定科目を全て取得はギチギチで結果的に1科目落としてしまい、学び直すには留年しか方法がありませんでした…
※4年間だったら落としてもセカンドチャンス可能

そのため、2年間で卒業しても社会福祉士受験資格が得られない事態となり…

二部夜間で学費は一部昼間の60%くらいでしたが、女性准教授に「学費の事を考えたら通信の養成所に行った方がいいんじゃない?」とアドバイスいただきました。

「基礎科目」は取得していたので短期養成施設で良かったのですが、当時は私の家からはスクーリングの時に通えそうな学校がなかったため、通信制の一般養成施設を選択しました。

大学で取得していた科目については履修免除となりました。

そして、都道府県の「社会福祉士就学資金貸付制度」を利用した結果、学費を上回る奨学金を借りることができ、奨学金の返済免除にもなり一般養成施設を実質無料で卒業して資格取得できました(^^)/

ですので、社会人で社会福祉士を目指していて養成施設に入学を考えている方は都道府県の貸付制度も調べてみてください。
※短期養成施設に当てはまる方も、一般養成施設に入学が可能

 

 

無料で社会福祉士養成施設・受験対策講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

おすすめの記事一覧