2000年にスタートした介護保険制度の前年の1999年にスタートした「福祉住環境コーディネーター3級」資格試験。

住宅改修、バリアフリー、福祉用具、医療、福祉、建築などの知識を幅広く学べるということで、各分野で働いている者や福祉系学生などに人気の資格です。

今回は、管理人の私が2004年7月に2回目の試験で合格し取得して、2級へのステップとした時のことを経験者として書いていきます。

 

無料で福祉資格講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

福祉住環境コーディネーター3級で住宅改修・建築知識

福祉住環境コーディネーター3級テキストこの資格は1999年スタートという福祉系の資格の中では比較的新しい資格です。

当時、私は2年もかかって6回目の試験でやっと合格した日商簿記3級を勉強中の頃でした。

 

コスメ
6回目で受からなかったら…
いいかげん自分の頭の悪さに嫌気がさしていて、保険のつもりで並行して元々興味のある福祉系の資格を勉強しようと思って調べていた時に、この資格を知りました。

現在は「公的資格」という言葉は、いろいろあったみたいで消滅しましたが…

当時は、日商簿記と同じ公的資格で商工会議所主催というのも取っつきやすいと思いました。
イメージとしては、大きく分けて医療・福祉・建築の知識を広く浅く学ぶという感じです。

仕事で使わないとしても、家を建てるときやバリアフリーなどの住宅改修を考えている方などには知識習得という意味でもおすすめです。

他に、福祉分野で勤務してる方が建築知識を得る、建築分野で勤務してる方が福祉知識を得るなど役立ちます。

他のメイン資格とセットでパワーアップ!

ダンベルを持ち上げる人いきなり厳しい現実をお話しします。
この資格単体では、正直言いますと就職・転職にはあまり役に立ちません…
しかし、例えば

  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 建築士
  • インテリアコーディネーター

などの資格を所持している方や勉強中の方が、この資格の勉強で他分野に触れるため、視野も広まり相談援助や直接支援の時などに多角的に物事を考えられ、利用者側から見ても信頼度がアップするでしょう。

 

無料で福祉資格講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原

3級の試験は7月と11月の年に2回

二匹の戯れている猫福祉住環境コーディネーターの3級と2級は7月と11月に試験があります。

王道的な方法としては、3級を7月、2級を11月に受験という方法です。

私は、11月の3級試験に不合格でしたので7月まで長かったのを覚えています…

2回目の受験の2004年7月の試験で合格しましたが、この頃は簿記系と福祉系の試験を集中して受けてていたので、頭がこんがらがっていました(笑)

簿記系・福祉系受験遍歴
2003年11月 日商簿記3級(6回目で合格)

2003年11月 福祉住環境コーディネーター3級(1回目不合格)

2004年6月   日商簿記2級(1回目不合格)

2004年7月   福祉住環境コーディネーター3級(2回目で合格)

2004年11月 日商簿記2級(2回目で合格)

2005年5月   建設業経理士2級・経理事務士3級W受験(3級合格・2級不合格)

2006年3月   大学の法学部(夜間部)卒業
2006年4月   別大学の社会学部社会福祉学科(夜間部)3年次学士編入学

2006年7月   福祉住環境コーディネーター2級(1回目不合格)

2006年8月   ホームヘルパー2級取得

2006年11月 福祉住環境コーディネーター2級(2回目で合格)

こうやって書いてみると、今考えるとよく続いたなって思います(^^;)

いろいろ将来の方向性とか不安定な時期でした…

住宅改修の理由書が書ける福祉住環境コーディネーター2級については以下で詳しく書いています。

3級の合格率は60%前後

60%の文字3級の合格率は、ここ最近は60%前後ととても高く真面目に勉強していれば合格する試験と言えます。

例外として、2012年11月試験は28.3%と極端に低い合格率でしたが、これは問題の70%以上の正答で合格なので、たまたま問題が難しかったということが考えられます。

コスメ
この回で不合格の人は翌年の7月まで…
こんな低い合格率の回は忘れましょう!!

実際に目で確かめるのも勉強の役に立つ

目で見ている女性例えば、福祉住環境コーディネーターの試験では階段やトイレの種類などについてもよく出題されます。

階段では、

  • らせん階段
  • 折り返し階段
  • 回り階段

の違い。

トイレでは、

  • サイホン式
  • 洗い落し式
  • レギュラーサイズ
  • エロンゲートサイズ

の違いなど。

テキストにイラストで載っているのですが、私は喫茶店やファーストフード店、いろいろな施設の階段やトイレを観察したり実際に歩いてみたりしました。

コスメ
不審者と思われなかったかな…(^^;)

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は、私も取得した医療・福祉・建築などの知識を幅広く学べる「福祉住環境コーディネーター3級」についてお話しました。

福祉分野や建築分野で働いている方や、就職・転職を考えている方には知識習得やスキルアップには目指して欲しい資格だと思います。

無料で福祉資格講座の資料請求は公式HPから↓資格の大原
おすすめの記事一覧