管理人の私は、20代前半の頃に日商簿記の資格取得を目指して勉強していました。

その時に、全経簿記2~1級の勉強を並行して取り組んでいました。

全経簿記2級については以下で詳しく書いています。

今回はそんな、日商簿記2級とセットでW合格を目指したい「全経簿記1級」についてのお話です。

 

無料で簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

全経簿記1級取得|日商簿記2級とセットでW合格

全経簿記1級のテキスト
全経簿記1級は日商簿記2級と範囲が被っていて難易度も近いためW合格を目指して受験しやすい
のが特徴です。

全経簿記と日商簿記の類似性
  • 全経簿記2級 =日商簿記3級
  • 全経簿記1級日商簿記2級
  • 全経簿記上級=日商簿記1級

※全経と日商では級のランクが一つずれます

※後述しますが、全経1級は日商2級と違って科目合格制なので少し気軽に取り組める印象です

なぜ全経簿記1級にチャレンジしようと思ったのか?

challengeの文字
日商簿記2級の勉強を始めた時に、全経簿記の存在は知っていたので初めから受験しようと思っていました。

日商簿記2級取得までの状況については以下に書いています。

コスメ
結果的に私は日商簿記2級が奇跡的に2回目の試験で受かり、全経は取得できませんでしたが…

なぜかと言うと、日商3級の勉強の時は初めての資格の勉強で真面目に勉強してなかったり集中力がなかったりで、合格までに6回もかかりました。

しかし、日商2級の時は嘘のように自分なりに頑張って勉強して集中力も劇的に変化しました。

そして、1回目の試験は歴代最低合格率という不運に見舞われましたが、2回目の試験は救済策のためか奇跡的に難易度が下がったため2回目の試験で無事合格出来ました。

日商3級が6回目での合格だったから2級は最低でも3回を見積もっていたため、まさか2回で合格するとは思ってなかったので全経1級の勉強は本命で目標の日商2級が受かりエンジンが切れてしまいモチベーションの維持が続かなかったのです…

ですので、一般論としては日商簿記2級の勉強をしっかりとして全経簿記1級の勉強はインプットを軽く問題集をひたすら解くアウトプットに重点をおいていれば合格できると思います!

コスメ
私を反面教師にしてください(笑)

全経簿記1級試験は年に4回もある

四つ葉のクローバー
全経簿記2級の記事でも書きましたが、2級と同じく以前は試験回数が日商と同じで夏・秋・冬の年に3回でしたが、春季試験が加わり試験回数が年に4回となりました。

そのため、万が一不合格だったとしても次の試験が近いので息切れすることなく集中力が続くと思います。

日商の試験日と近いこともあり両受験でW合格も目指せます。

 

無料で簿記講座の資料請求は公式HPから↓
資格の大原 簿記講座講座

日商簿記より優しく難易度が低い

優しい寝顔の猫
全経簿記は全ての級が日商簿記より難易度が低くなっています。

日商と全経簿記の難易度比較
全経簿記2級<日商簿記3級<<全経簿記1級<<日商簿記2級<<<<<全経簿記上級<<日商簿記1級

※あくまで一般的なイメージです

注意していただきたいのは、全経1級と日商2級の科目名に相違があります。
日商簿記と全経簿記の科目名の相違
日商簿記3級=商業簿記
日商簿記2級=商業簿記
       工業簿記
日商簿記1級=商業簿記・会計学
       工業簿記・原価計算

全経簿記2級=商業簿記
       工業簿記
全経簿記1級=商業簿記・会計学 
       原価計算・工業簿記            
全経簿記上級=商業簿記・会計学
       工業簿記・原価計算
ご覧の通り全経1級は日商1級と錯覚しますが、試験のレベルは日商簿記2級の商業簿記・工業簿記と似てると思っていただいて構いません。

コスメ
紛らわしいですよね…(^^;)
科目は日商2級の商業簿記・工業簿記より増えましたが、商業簿記(with会計学)・工業簿記(with原価計算)とイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

日商1級や全経上級のように会計学と原価計算は別科目というよりも商業簿記と工業簿記の中に組み込まれたものと言えば分かりやすいでしょうか…

全経簿記1級は科目合格制

別々に進む犬
日商簿記2級は科目合格制ではなく、商業簿記と工業簿記を休憩なく120分の間に受けて両科目を試験日に解いて合格しなければなりません。

合格率は20%前後です。

それに対して全経簿記1級は科目合格制であり、試験日の前半に商業簿記(with会計学)90分の試験があり、終わったら一旦休憩があり、後半に工業簿記(with原価計算)90分の試験があります。

コスメ
休憩があるのが頭の切り替えには良いですね
合格率は商業簿記(with会計学)40%前後、工業簿記(with原価計算)60%前後と高く、片方の科目に合格したがもう片方の科目が不合格だった場合、1年以内の残り3回の試験に合格すればよいので急いでいなければとても合格しやすいと言えます。
合格率などをまとめると以下のようになります。
日商簿記2級と全経簿記1級の合格率比較
日商簿記2級
商業簿記・工業簿記(120分)合格率20%前後

全経簿記1級
商業簿記・会計学   (90分)合格率40%前後
原価計算・工業簿記  (90分)合格率60%前後
※全経1級の合格証書は科目別合格証書×2枚、両科目合格での1級合格証書×1枚の計3枚

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は「全経簿記1級」についてお話しました。

科目合格制もあり、ぜひ就職・転職を目指すあなたにはWライセンスを目指して日商簿記2級とセットでW合格をして欲しいと思います。

私も全経簿記1級は結果的に1回のみの受験で合格していないので、いつか試験に再チャレンジしてみようかなと思いました!!

 

無料で簿記講座の資料請求は公式HPから↓資格の大原

おすすめの記事一覧